mellowtone music.

音楽ネタで出直します

Trinite レコード発売記念ライブ@公園通りクラシックス

Triniteレコ発ライブ@公園通りクラシックス

Triniteのレコ発ライブ、行ってきました。
お客さん満員。

前半は組曲「月の歴史」「神々の骨」から。
prayerの楽曲よりもポップなメロディーが印象的。初めて聴く曲ばかりだったが、早くもアルバムに期待してしまう。

後半が今回リリースの「prayer」を全曲。
かっちりきっちりすっきりのスタジオ録音、shezooさんも細部までかなりこだわってアレンジされており、全体として抑制が効いた感じです。
これがライブになると、やはりCDでは聴くことの出来ないオブリだったりバッキングパターンだったりがじゃんじゃん聴けます。良い意味でラフ、といいますか、緻密さを失うことなくダイナミックになっていました。

最後にアンコールで1曲演奏して終演。
終演後も行列が出来てしまってプチサイン会のようでした。

そうそう、shezooさんが言葉で紡ぎ出した詩が曲のイントロでキャプションとしてスライドで流れる、という演出もなかなか良かったです。曲中にももうすこしビジュアルっぽいものが流れても面白かったかな。インスタレーションとはまた別の表現ですが(準備が大変か)。

美しいものの美しさを、言葉でどう説明したら良いのでしょう…。
書いてて空しくなりますが(笑)、まずは、未体験の方、ぜひご試聴を。

Trinite アルバム「prayer」 http://trinite.me/albums/prayer

prayer
prayer

八神純子@愛知県芸術劇場

(過去日記です。書いたのは2012年6月28日)

凄かった

全ボーカリスト必見。そしてAOR好きは特に。
小学生高学年の時にザ・ベストテンが放送開始。彼女の歌は好きでした。しかし、メディアへの露出が減ると、すっかり忘れてしまいまい…それから早30数年…
2010年の秋、たまたまテレビをつけたらO.A.されていたNHKのSONGSで愕然としました。
女性ヴォーカリストは年齢と共に声も変わってゆく。ユーミンだって松田聖子だって昔の持ち歌はキーを下げて歌っている。
ところが、SONGSで歌う彼女は30年前と同じキーのハイトーンヴォイス。それだけでなく、当時よりもさらにパワフルで安定している印象も。そりゃもうビックリしました。

さて当日。ツアーの情報を知らず、チケットを入手したのは2/1。なんと5階席!手に入っただけラッキーでしょう。会場は八神さんと同世代のファンのかたが多く、アダルトな雰囲気。
ステージ中央、薄いベール越しに見えるのは、ヤマハの往年のエレクトリック・グランドピアノCP80。うれしいじゃないですか。で、スタートの頃には、5階も満員。

「思い出は美しすぎて」でスタートしたライブ。「みずいろの雨」「夜間飛行」などAORテイストなサウンドが続く。「夜間飛行」のイントロはフレットレスベースとヴォーカルのユニゾン、という凝ったアレンジで特に印象的でした。

Vreath(ブレス)~My Favorite Cocky Pop~
Vreath(ブレス)~My Favorite Cocky Pop~

新譜「Vreath」でも収録されている中島みゆきの「時代」ほかとともに、日本を離れている時の曲をあえて弾き語りしたくなった、という一青窈の「花水木」などがカバーされましたが、まるで最初から彼女のオリジナル曲だったような説得力。すごい。

後半は、「パープルタウン」「ポーラースター」「Mr.ブルー」「想い出のスクリーン」なども堪能出来ました。「想い出のスクリーン」はまさかのアップテンポ。ラテンディスコ風になっていてびっくり。
アンコールの最後はチャップリンの「Smile」をアカペラで…どうせならマイクなしの生声で聞いてみたかったなぁ。
全体としては、新譜からが半分、往年の名曲からが半分、という感じでした。

トランスパシフィックキャンペーン

東日本大震災の復興支援のため立ち上げたプロジェクト「トランスパシフィックキャンペーン」の紹介など。実際に被災地を何度も回って活動をされているとのことで、「トランスパシフィック 八神純子」で検索すればたくさんヒットします。私の相方の故郷、岩手県は大槌町にも来てくださったようで、嬉しい限り。

印象的だったMC

一言一句覚えていませんので大意で。

  • (専門的な話だけど、と前置きして)昔、アース・ウインド&ファイアー関連のレコーディングで歌った時に、他の黒人ヴォーカリストが『声の成分』と『息の成分』の比率をコントロールして歌っているのがとても勉強になった。
  • 今こうしてライブをしながら、自分が「自然解凍」されている感じがする。このツアーもどんどん良くなっていくだろうし、それが自分でも楽しみ。
  • 子育てをしながら、散歩しながら(The Christmas Songの一節を歌いながら)こんな風に歌っていた。歌い続けていて本当によかった。

地元でのライブということもあってか、ご本人も相当楽しまれていたようです。
終演後、握手会目当てで、買いそびれていた新アルバム(ハイブリッド盤)買いました!握手会では緊張でたいしたこともしゃべれませんでしたが、こんなに小柄な(147cm(148cm?)とのMCがあった)体から、あのパワフルな声が出ている、というのが信じられなかった。

最後に絶対書かねば…バンドが素晴らしい!

今回のツアーのバンドは素晴らしいです。帰ってきてネットでチェックしまくりでした。遠目には全員20代に見えましたが(笑)、実はしっかりとしたキャリアのメンバーもいて納得の演奏でした。SONGS出演時のような大御所のプレイも相応の醍醐味がありますが、このバンドは新鮮な驚きでした。
俺が俺が、みたいなプレーヤーがいたりすると興ざめですが、メリハリがあって、歌モノのバックバンドのお手本のような、センスの良い演奏でした。

その後、ツアーは精力的に続いており今後が楽しみ。