mellowtone music.

音楽ネタで出直します

Trinite(トリニテ)新アルバム「prayer」8月19日リリース

トリニテ オフィシャルサイト

作・編曲家、ピアニストのshezooさんと知り合い、彼女が主宰するバンド(?)Trinite(トリニテ)の公式サイトの立ち上げをお手伝いし、新アルバム「prayer」の音源も早々に聴くことが出来ました。

サイトで紹介されているテキストの繊細なイメージや、「女性ピアニストの」という、一種の枕詞とは対極にある何か…強いて言うなら「骨太さ」…を最初に感じました。ジャズ、クラシック、現代音楽、といった言葉で類型化して説明しづらい、骨太なサウンド。
2001年初演され、それから10年以上練り込まれた緻密さと、荒々しさ、雄々しさが同居しています。各プレーヤーのソロもたっぷりフィーチャー。それぞれ、確かな力量に裏打ちされた存在感がありました。

特に好きなのは、4曲目の「天上の夢」。アルバムを通底するインタープレイの緊張感を解放する、ひたすら美しいメロディー。カタルシス。泣けてちゃうんですよね、素直な性格なんで。いや、トシのせいで涙もろいのでしょうか(笑)。

音質も生々しくて、ヘッドフォンではなくスピーカーでしっかり聴いてみたいアルバムです。

Toots 90(Limited boxset)/Toots Thielemans

トゥーツ・シールマンスの生誕90年を祝う限定版。今更ですがレビューします。ちなみにトゥーツの誕生日は4月29日。日本人には覚えやすいですね。

これがオランダから到着した小包。届いたのは5月20日。

予約特典で送料無料&メルマガ登録で€10ディスカウントがあり、€90で買えたんだったかな?

公式サイトにあるとおり、豪華絢爛のボックスセット。中身はこんな感じでした。

梱包をとくと、LPのボックスセットのような雰囲気の箱が現れました。重厚感があります。

ふたを開けて化粧紙に挟んであるのは直筆のメッセージカード。

シリアルナンバー入り。1569。

化粧紙を開くと、最初に現れるのはアナログLP。

次がバイオグラフィ。

ちょっとした百科事典のような厚みがあります。

斜め読みしましたが、トゥーツとデューク・エリントン楽団との契約書とか、ジャズ史としても重要な資料がてんこ盛りでした。

Biografie Toots Thielemans / druk 1

Biografie Toots Thielemans / druk 1

↑以前オランダ語のバイオグラフィーが発売されていたのですが、読めるはずもなくあきらめたことがありました。それの再編集版でしょうか(って全く未確認の憶測ですが)。

バイオグラフィーの下には、CD+DVDが。紙ジャケット仕様です。

 

もうね、買っただけで満足ですよ、聴いたり観たりしなくても!(笑)。家宝家宝。音と映像はそのうち書きます。

ちなみに、本日(2012年7月4日)現在、まだ入手可能ですよ!

REMINISCENCE/松本圭司

REMINISCENCE
REMINISCENCE

何年か前に、Minako “Mooki” Obataのライブ、そして伝説の(!)冨田ラボコンサートと、立て続けに松本圭司さんの演奏を聴く機会があり、そのセンスの良さにすっかりまいってしまった。
ソロアルバムが発売されているのを最近知って、3rdアルバムをさっそく入手。
ジャケットに惹かれたことと、エレクトロニカだったこと。あの上質なセンスでエレクトロニカやられたらタマランなー、と期待してしまいます。
Continue reading