mellowtone music.

音楽ネタで出直します

Trinite レコード発売記念ライブ@公園通りクラシックス

Triniteレコ発ライブ@公園通りクラシックス

Triniteのレコ発ライブ、行ってきました。
お客さん満員。

前半は組曲「月の歴史」「神々の骨」から。
prayerの楽曲よりもポップなメロディーが印象的。初めて聴く曲ばかりだったが、早くもアルバムに期待してしまう。

後半が今回リリースの「prayer」を全曲。
かっちりきっちりすっきりのスタジオ録音、shezooさんも細部までかなりこだわってアレンジされており、全体として抑制が効いた感じです。
これがライブになると、やはりCDでは聴くことの出来ないオブリだったりバッキングパターンだったりがじゃんじゃん聴けます。良い意味でラフ、といいますか、緻密さを失うことなくダイナミックになっていました。

最後にアンコールで1曲演奏して終演。
終演後も行列が出来てしまってプチサイン会のようでした。

そうそう、shezooさんが言葉で紡ぎ出した詩が曲のイントロでキャプションとしてスライドで流れる、という演出もなかなか良かったです。曲中にももうすこしビジュアルっぽいものが流れても面白かったかな。インスタレーションとはまた別の表現ですが(準備が大変か)。

美しいものの美しさを、言葉でどう説明したら良いのでしょう…。
書いてて空しくなりますが(笑)、まずは、未体験の方、ぜひご試聴を。

Trinite アルバム「prayer」 http://trinite.me/albums/prayer

prayer
prayer

Trinite(トリニテ)新アルバム「prayer」8月19日リリース

トリニテ オフィシャルサイト

作・編曲家、ピアニストのshezooさんと知り合い、彼女が主宰するバンド(?)Trinite(トリニテ)の公式サイトの立ち上げをお手伝いし、新アルバム「prayer」の音源も早々に聴くことが出来ました。

サイトで紹介されているテキストの繊細なイメージや、「女性ピアニストの」という、一種の枕詞とは対極にある何か…強いて言うなら「骨太さ」…を最初に感じました。ジャズ、クラシック、現代音楽、といった言葉で類型化して説明しづらい、骨太なサウンド。
2001年初演され、それから10年以上練り込まれた緻密さと、荒々しさ、雄々しさが同居しています。各プレーヤーのソロもたっぷりフィーチャー。それぞれ、確かな力量に裏打ちされた存在感がありました。

特に好きなのは、4曲目の「天上の夢」。アルバムを通底するインタープレイの緊張感を解放する、ひたすら美しいメロディー。カタルシス。泣けてちゃうんですよね、素直な性格なんで。いや、トシのせいで涙もろいのでしょうか(笑)。

音質も生々しくて、ヘッドフォンではなくスピーカーでしっかり聴いてみたいアルバムです。

Logicool(ロジクール)TS500

Bluetoothで接続するワイヤレススピーカー。先日、某電気店の店頭でオンキヨーの製品を試したところ、非常に便利で、音も良い、ということがわかって欲しくなってしまいました。しかし、本格的なものは値段も2万円近くするので逡巡していたところ、安価な製品もあることを最近知って、早速購入。

ロジクール ミニブームボックス レッド TS500RD
ロジクール ミニブームボックス レッド TS500RD

製品写真ではサイズがわかりづらいですが、小さいです。

目薬と比較。手のひらサイズ。

小さいけれど音は良い?

値段なり、というか、サイズなりの音。左右スピーカーの距離が近いのでステレオ感はほとんどなし。バスドラムやベースなどの低音も(がんばってるけど)物足りない。リア上部がバスレフっぽい構造になっており、耳を近づけると中低音域が出ています。背面に壁があると多少は改善されそうです。

リア。上部が大きく開いていてバスレフっぽい。

Hi-Fiではないものの、まとまりのある音で印象は悪くありません。「サー」というノイズもない。radiko.jpでラジオ番組をながら聴き、なんていう用途にはすごく向いていると思います。

小さい!軽い!プレゼン用の簡易PAとして!

せっかくのプレゼンも、ノートPCのスピーカーから出るひどい音じゃ興ざめですが、TS500は簡易PAとしても使えそうです。20人ぐらいのプレゼンなら十分いけるんじゃないでしょうか。ケーブルレスでササッとセッティングが出来るのもバッテリー内蔵&Bluetoothならでは。ありがたい。もしバッテリーの残量が怪しかったらノートPCからUSBケーブル1本で給電できるのもメリット。

実はCREATIVEのD100(丸プラグのACアダプタ+乾電池の2電源)にしようか迷いました。D100のグリーン、色がかわいいんですよね。けど予備の電池とか持ち歩くのもなぁ…

Creative D100 ワイヤレス スピーカー グリーン Bluetooth SP-D100-GR
Creative D100 ワイヤレス スピーカー グリーン Bluetooth SP-D100-GR

TS500の決め手はUSBケーブルでの給電でした。本体のジャックがUSB miniではなくUSB microだったらスマホのケーブルを流用できるのでなお良かったなぁ。

泊まりで出張だったら、ホテルで音楽聴くのにも良さそうです。スマホでも、PCでも。

あ、バンドメンバーみんなでリハーサルの音源を聴く、なんて時にもいいかもしれません。

カラバリもあります。

ロジクール ミニブームボックス ブラック TS500BK
ロジクール ミニブームボックス ブラック TS500BK

ロジクール ミニブームボックス ホワイト TS500WH
ロジクール ミニブームボックス ホワイト TS500WH

Toots 90(Limited boxset)/Toots Thielemans

トゥーツ・シールマンスの生誕90年を祝う限定版。今更ですがレビューします。ちなみにトゥーツの誕生日は4月29日。日本人には覚えやすいですね。

これがオランダから到着した小包。届いたのは5月20日。

予約特典で送料無料&メルマガ登録で€10ディスカウントがあり、€90で買えたんだったかな?

公式サイトにあるとおり、豪華絢爛のボックスセット。中身はこんな感じでした。

梱包をとくと、LPのボックスセットのような雰囲気の箱が現れました。重厚感があります。

ふたを開けて化粧紙に挟んであるのは直筆のメッセージカード。

シリアルナンバー入り。1569。

化粧紙を開くと、最初に現れるのはアナログLP。

次がバイオグラフィ。

ちょっとした百科事典のような厚みがあります。

斜め読みしましたが、トゥーツとデューク・エリントン楽団との契約書とか、ジャズ史としても重要な資料がてんこ盛りでした。

Biografie Toots Thielemans / druk 1

Biografie Toots Thielemans / druk 1

↑以前オランダ語のバイオグラフィーが発売されていたのですが、読めるはずもなくあきらめたことがありました。それの再編集版でしょうか(って全く未確認の憶測ですが)。

バイオグラフィーの下には、CD+DVDが。紙ジャケット仕様です。

 

もうね、買っただけで満足ですよ、聴いたり観たりしなくても!(笑)。家宝家宝。音と映像はそのうち書きます。

ちなみに、本日(2012年7月4日)現在、まだ入手可能ですよ!

REMINISCENCE/松本圭司

REMINISCENCE
REMINISCENCE

何年か前に、Minako “Mooki” Obataのライブ、そして伝説の(!)冨田ラボコンサートと、立て続けに松本圭司さんの演奏を聴く機会があり、そのセンスの良さにすっかりまいってしまった。
ソロアルバムが発売されているのを最近知って、3rdアルバムをさっそく入手。
ジャケットに惹かれたことと、エレクトロニカだったこと。あの上質なセンスでエレクトロニカやられたらタマランなー、と期待してしまいます。
Continue reading

Restart

また始めることにしました。

前のブログの総括

ハーモニカ

クロマチックハーモニカに関する情報提供では、一定の役割が果たせたんじゃないでしょうか。私がクロマチックハーモニカを習い始めた2002年頃、クロマチックハーモニカ、とりわけポピュラー音楽系の情報はfuji-hさんのサイトか、10holes.comぐらいで、ネットにはほとんどありませんでした。今やプロアマ問わず、ライブの情報あり、新機種のインプレあり、CDのレビューあり、情報があふれています。隔世の感があります。

機材(特にボコーダー)

2006年頃からのボコーダー関連情報でしょうか。市販のボコーダー(ハードウェア)を一覧にしたコンテンツは、未だに結構アクセスあるっぽいです。

それ以外

たいして詳しいわけでもないのに、映画やDVD鑑賞のレビュー、自転車関係のエントリーも書いてしまい、テーマが拡散しすぎましたね。

システム

スタート当初「はてなブログ」。けど、キーワードに勝手にリンクされるのがいやだったのでMovableTypeでサイトを立ち上げました。ほどなくMovableTypeのメンテナンスに疲れJUGEMブログに移転。エントリもすべて移設しました。
しかし最近のJUGEM、おすすめ商品を独自のレビューに露骨に誘導して独自のアフィリエイトタグを挿入する、といった「あざとい」部分が目に余るようになりました。

そうこうしていたらTwitterやらFacebookやらの波にさらわれた、と。

リスタート

やっぱり何か書きたくなるんですよね、タイムラインに流れて消えてしまわないものを。ストックメディア万歳。SNSはなにか空しい。Facebookで長い文章書いてもほとんど読まないもんね。

原点回帰。ハーモニカを中心としたCDのレビューなどの音楽ネタ書きます。これまで購入したCDのストックあるしね。自転車やらなにやらはFacebookなりTwitterなりでぼちぼちやります。

ここ数年で生活環境ががらっと変わり、どれほど更新できるかわかりませんが、よろしくお願い申し上げます。

八神純子@愛知県芸術劇場

(過去日記です。書いたのは2012年6月28日)

凄かった

全ボーカリスト必見。そしてAOR好きは特に。
小学生高学年の時にザ・ベストテンが放送開始。彼女の歌は好きでした。しかし、メディアへの露出が減ると、すっかり忘れてしまいまい…それから早30数年…
2010年の秋、たまたまテレビをつけたらO.A.されていたNHKのSONGSで愕然としました。
女性ヴォーカリストは年齢と共に声も変わってゆく。ユーミンだって松田聖子だって昔の持ち歌はキーを下げて歌っている。
ところが、SONGSで歌う彼女は30年前と同じキーのハイトーンヴォイス。それだけでなく、当時よりもさらにパワフルで安定している印象も。そりゃもうビックリしました。

さて当日。ツアーの情報を知らず、チケットを入手したのは2/1。なんと5階席!手に入っただけラッキーでしょう。会場は八神さんと同世代のファンのかたが多く、アダルトな雰囲気。
ステージ中央、薄いベール越しに見えるのは、ヤマハの往年のエレクトリック・グランドピアノCP80。うれしいじゃないですか。で、スタートの頃には、5階も満員。

「思い出は美しすぎて」でスタートしたライブ。「みずいろの雨」「夜間飛行」などAORテイストなサウンドが続く。「夜間飛行」のイントロはフレットレスベースとヴォーカルのユニゾン、という凝ったアレンジで特に印象的でした。

Vreath(ブレス)~My Favorite Cocky Pop~
Vreath(ブレス)~My Favorite Cocky Pop~

新譜「Vreath」でも収録されている中島みゆきの「時代」ほかとともに、日本を離れている時の曲をあえて弾き語りしたくなった、という一青窈の「花水木」などがカバーされましたが、まるで最初から彼女のオリジナル曲だったような説得力。すごい。

後半は、「パープルタウン」「ポーラースター」「Mr.ブルー」「想い出のスクリーン」なども堪能出来ました。「想い出のスクリーン」はまさかのアップテンポ。ラテンディスコ風になっていてびっくり。
アンコールの最後はチャップリンの「Smile」をアカペラで…どうせならマイクなしの生声で聞いてみたかったなぁ。
全体としては、新譜からが半分、往年の名曲からが半分、という感じでした。

トランスパシフィックキャンペーン

東日本大震災の復興支援のため立ち上げたプロジェクト「トランスパシフィックキャンペーン」の紹介など。実際に被災地を何度も回って活動をされているとのことで、「トランスパシフィック 八神純子」で検索すればたくさんヒットします。私の相方の故郷、岩手県は大槌町にも来てくださったようで、嬉しい限り。

印象的だったMC

一言一句覚えていませんので大意で。

  • (専門的な話だけど、と前置きして)昔、アース・ウインド&ファイアー関連のレコーディングで歌った時に、他の黒人ヴォーカリストが『声の成分』と『息の成分』の比率をコントロールして歌っているのがとても勉強になった。
  • 今こうしてライブをしながら、自分が「自然解凍」されている感じがする。このツアーもどんどん良くなっていくだろうし、それが自分でも楽しみ。
  • 子育てをしながら、散歩しながら(The Christmas Songの一節を歌いながら)こんな風に歌っていた。歌い続けていて本当によかった。

地元でのライブということもあってか、ご本人も相当楽しまれていたようです。
終演後、握手会目当てで、買いそびれていた新アルバム(ハイブリッド盤)買いました!握手会では緊張でたいしたこともしゃべれませんでしたが、こんなに小柄な(147cm(148cm?)とのMCがあった)体から、あのパワフルな声が出ている、というのが信じられなかった。

最後に絶対書かねば…バンドが素晴らしい!

今回のツアーのバンドは素晴らしいです。帰ってきてネットでチェックしまくりでした。遠目には全員20代に見えましたが(笑)、実はしっかりとしたキャリアのメンバーもいて納得の演奏でした。SONGS出演時のような大御所のプレイも相応の醍醐味がありますが、このバンドは新鮮な驚きでした。
俺が俺が、みたいなプレーヤーがいたりすると興ざめですが、メリハリがあって、歌モノのバックバンドのお手本のような、センスの良い演奏でした。

その後、ツアーは精力的に続いており今後が楽しみ。