AUDIX FireBall到着!

ハーモニカ専用マイク by AUDIXの続き
FireBall2
いつものケース付き。
専用マイクホルダまで付属してます。
FireBall1
ちっちゃい!軽い!!
SM58だと、胴の重さで中心がずれちゃうけど、これなら真正面から捉えられそう。
気になる音質は…帰宅後、ということで。
追記。
帰宅いたしました。日付変わっております。
FireBallとSM58と簡単に比較してみました。
機材はCubase SX2とFirewire410(M-AUDIO)と普通のマイクケーブル。
低域の拾い方がぜんっぜん違いますね。FireBallは低い方をしっかり拾っておりふくよか、58は痩せてきこえます(変な表現ですが、ピアニカみたいな音)。穴番号だと1~5番あたりの差は歴然。58の低域をEQでブーストしてもこういう音にはならないはず。
中域~高域にかけても、確かに違うけど、低域の差ほどではないです。高い方の倍音もFireBallの方がよく拾っているので、リバーブなどの乗りが良さそう。ジャンルによっては58のマイルドさも捨てがたいか。
能率としてはほぼ同じぐらい。同じセッティングでマイクを換えてもほとんど同じ音量で録音できました。
いずれにしても、これまで存在した、ローファイな音色が売り(=ブルースハープ用)のマイクとは一線を画していています。メーカーのカタログに偽りなし。これが一番の心配事でしたが、一夜でヤフオクに出品、という必要はなくなりました。
ダイナミックという性質上ライヴでの使用がメインになるでしょうが、本番で低域の性質が凶と出てブーミーな音になってしまうかはまだわかりません。
まぁ、仮に音質が互角だとしても、演奏性を考えたら買いかな、と思います。ちょい高いですが。
以上、一個人の意見としてご参考いただければと思います。
◆関連エントリー
2005.02.04 ハーモニカ専用マイク by AUDIX
2005.03.19 続・FireBall

投稿者: mellowtone

音楽とハーモニカと猫と自転車を愛するおじさん。 昔のブログ→ http://www.do-mi-so.net Twitter→ http://twitter.com/mellowtone 猫→ http://nyahoi.com

「AUDIX FireBall到着!」への4件のフィードバック

  1. 配達先が会社、撮影も就業時間中でした(笑)。上司がギター弾きなので、こういうアホな所行も許されます。
    早速インプレッションを書いてみましたが、fuji-hさんのご意見も伺ってみたいです。

  2. 続・FireBall

    今日はレッスンついでに田中光栄先生宅でテストしてみました。
    うちの環境でモニターするよりも、低域の膨らみが顕著で、これは結構もてあます可能性あるかもなぁ…という印象に変わりました。
    ローファイではないけれど、クロマティックよりもブルースハープを意識し

  3. ファイアーボールで検索してきました(笑)
    ずっと愛用していたファイアーボールを網棚に置いてしまってもう一個買う予定です。やっぱり音量変換なしの方がイイですかね?今度は音量有りのを買ってみます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です